目の下 しわ

目の下のしわを消すのに「高濃度」は関係ない・・・

目の下のしわは、自分でも気になるぐらいであれば、他人からは結構見られています・・・。

鏡を見るたびにちょっとブルーになる気持ち。

でも、目の下のしわは「本当に肌への浸透効果のある美容液」であれば消す事ができるんです。

現段階で何かしらの美容液を使っているのに目元のシワが消えていない方は要注意。

残念ながらその美容液を使い続けても、時間とお金の無駄遣いになってしまいます。

でもガッカリしないで下さい。
一般の美容液の90%以上は効果が期待できないものばかりなんです。

しわを消すのに効果があり、よく美容液に配合される「ビタミンC・コラーゲン・ペプチド」という成分。
これらは特別な加工をしないと、本来肌に浸透しない成分なんです。

肌に浸透して初めてその本当の効果が感じられるんです。
高濃度○○配合!という言葉に騙されてはいけません。

    詳細はコチラ

目の下のしわを消すのに必要なポイントとは?


ビタミンC誘導体の罠
ビタミンC誘導体という成分が含まれているしわ取りクリームや美容液が沢山あります。
このビタミンC誘導体ってどんな成分なのか知っていますか?

本来のビタミンCは肌に浸透しにくく、壊れやすい成分です。
それを少しでも解消する為に「ビタミンC誘導体」という化学成分が作られました。

しかし、本来の効能で比べれば本来のビタミンCの方が圧倒的に肌にいいんです

つまりビタミンCを化粧品に応用できないメーカーがビタミンC誘導体を使うんですね。

高濃度ビタミンC誘導体配合。
こういった言葉につられていては、いつまで経ってもしわを消すことは難しいんです。


ビタミンCを肌の奥まで浸透させる技術を美容液に利用しているのは、市販品では残念ながら「ビーグレン」ぐらいしかないのが現状です。

最先端医療にも用いられる浸透技術によって、国際特許も取得した程の技術力。

このビーグレン独自の浸透テクノロジーが、あなたの目の下のしわを消すのに必要なポイントなんです。


浸透テクノロジーって?
通常のビタミンCやコラーゲンなどの美肌成分は親水性なので、肌の皮脂にブロックされてしまい肌に浸透できません。
つまり、肌の一番表面の皮脂層に留まる事しかできないという現実があります。

いくら高額な美容液をたっぷりと肌につけても、翌朝の洗顔で全て洗い流されてしまうんです。
市販の化粧品の9割以上は、肌にきちんと浸透していないという事実。

そうしたビタミンCなどを皮脂と同じ性質のカプセルで包む技術が浸透テクノロジーなんです。
脂でカプセル化する事で親水性の成分を、皮脂層でブロックされずに肌の奥まで浸透させる事ができるんですね。

それによって、ビタミンCやコラーゲンの本当の効果を体感できるのがポイントです。
ビーグレンが肌が今まで感じた事の無い感覚と絶賛される理由はコレだったんです。



目の下のシワを消す科学的データ

ビーグレンのしわ取り美容液(アンチエイジングセット)では、しわを消す科学的実験も行われています。
その中で「マトリキシル3000」「アルジルリン」という2つのペプチドが注目されています。

ペプチドとは肌細胞を構成しているアミノ酸を、バイオテクノロジーで集合させたものです。
つまり、肌を生まれ変わらせる為に必要不可欠な成分です。

しかしこのペプチドもビタミンCやコラーゲン同様に、ただ美容液に配合するだけでは肌に浸透しません。
それをきちんと肌の奥まで浸透させて、効果を感じられる為にもビーグレンの浸透テクノロジーが必要なんですね。